読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シューカツ。その9

最近、人と話すのが怖いです。何思われてるのか、嫌われたくないって思ってしまう

自分のこと棚に上げて、人のこと指摘して批判して、言葉にしてるわけじゃないけど心の中で見下して、普段通りだと思ってやっていたことはただの怠慢で。

自分の行いが悪かったのに、どこか認めたくない・自分は何も悪くないって思っているところがあるんですよね。

思い返してみれば、今までもそうだった。優しく指摘してくれたのに、それを自分の悪いところだって受け入れられなくて、二度も三度も指摘されて。勝手に腹を立てて、気づいたら指摘されたことも忘れていて。またその悪行をくりかえして。

癖になってるんだよ、と言われたのですが。もちろん癖になってるのはその悪行なのですが、たぶんその悪行が癖になっていることよりは、自分を甘やかして、棚に上げることが癖になっているのかなと、、、

一度失った信頼を取り戻すのは難しいです。

来年度から社会人になるとか、信じられないです。こんな自分のまま大人になれないです。年齢的にはもう大人ですけどね。何やってるんだか。

毎日その事思い返しては猛省して、行動や発言に気をつけてますが、でもきっとボロがでる。

いつまで経っても自分が嫌いで、人が嫌われたくないって気持ちで、こんな自分が一番嫌です。

 

これ、就活というか、自己分析かな。いつまでこんなことしてるんだろう。ES書いたりしなきゃならないのに。ちゃんと就活しなきゃ。

シューカツ。その8

 

 

 

 

言葉が出てこない

 

なにもしていない。

無気力。

 

自分と向き合うってなんだろう

わかってないことが多すぎる

門出の言葉。在校生から。

春風と共に、新しいことを始める季節が来ましたね。就活ばかり書いてるブログですが、こちらにも『決意』という形で記そうと思います。

 

①就活、がんばります

毎日なにかしらの努力ができない、後悔するのをやめたい。毎日の朝刊夕刊チェック、天声人語書き写しだけじゃなくて、ちゃんとSPIも勉強する。毎日後悔しないよ

 

よさこい、続けます

あんだけ辞める、足洗うって言ってたけど、体重の増加(笑)と踊ってる子達のきらきらしてる笑顔には適わなかった。踊りたい!あの頃の記憶が蘇って、これを就活という理由だけでしなかったら後悔する!って思って、新しいチームに入ることに。環境も変わって、つらいことあるかもだけど、その先の楽しさが見えた瞬間が最高に気持ちいいんだよね

 

③ボランティア、はじめます

学生のうちにできることってなんだ?と考えた時に先輩がやっていたボランティアを思い出した。人が好き、人と接するのが好き、影響を与えられるような活動がしたい。全てを満たしてくれそうな団体に出会えました。就活、よさこいと並行で進みますが、ぜったいに負けない

 

 

 たくさんの先輩が夢と希望と、すこしの不安を抱いて旅立っていきました。たぶんもう会えない人もいる。でも、きっと会えるんだって思います

あんだけ色んなことをもたらしてくれた先輩たちに負けないように、来年同じ立場に立った時に後輩に自慢できるような自分であるために。

まだまだ先は明るい

シューカツ。その7

冬なんだか、春なんだか、イマイチ分からない季節ですね。夕方の陽射しが気持ちいい季節ですよ

花粉症だ、風邪だ、インフルエンザだ、もういろいろ流行りすぎて訳わかんないですよ。体調は崩さないに限る。これはまじで。きつい

夕方の、といってもまだ終業時間前の電車、しかも各駅停車なんか乗った暁には、時間を持て余すか、ほんとうに各駅停車の駅を目指して乗ってるか、どちらかの人種しかいない

どちらかというと前者で、説明会を2つこなして、朝久しぶりに早起きしてみたりなんかしたからとてつもなか眠くて、説明会で爆死したにもかかわらず、どうも自分に合ってる気がしなくて、やっと昨日見つかった『なりたい自分』になれそうに思えなかったから選考は辞退した。

選考辞退するのは、怖いし、もしかしたら相性が良くて受かったりしちゃったり、するかもしれなくもない。けど、ここで40年弱過ごすのかなあ、と思った時、どんなに給与が良くても、その自分は見てて楽しいのか不安になる

夢が、想いが、叶う場所じゃなきゃ。いつまでも、ずっとドキドキしていられるような仕事じゃなきゃ

ぜったいに諦めない、まだ遅くない、と信じるしかない

シューカツ。その6

迷子。まいご。マイゴ。

めちゃくちゃ考えたけど、説明会行ってみたらあれ???って思うこと多いし

何が向いてるのか、全然わからなくなってきた

高望みかな

しょーもないことで悩んだりして。うわーーーん

 

なんで悩むのか。

それはゴールがまだ定まっていないからな気がしてきた。なんで頑張るのか、なんのために頑張るのか

なんで、頑張りたいって思ったんだっけ?

シューカツ。その5

ほんとにおばかなんですが、『ぜったい』って言葉がだいすきです。自信を、決意を、もたらしてくれる気がします

100%を信じないというか、無理だろって言う人たくさん知ってます。周りにもいます。それでも信じたいって思います

自己分析とかしてて、何だかんだ恵まれてた環境だったから、挫けてもそこではなんとでもなる!なんてはっぴー人間だったので。

何事も信じなきゃダメだ、努力は報われる信者って自分のことを呼んでいるんですが、努力報われないよ、って言ってる人のほとんどは、全力投球してたの?って思ってしまう

だって、努力して、目標が叶わなくても報われていたから。たどり着いた結果は確かに叶えたかった夢じゃなかったけれど、ちゃんと自分が100%頑張ったと、胸張って言える時は後悔なんかしなかったから

モットーは【バカなことをバカ真面目に!】こんな大人はかっこいいって思うから、そうなりたい。そういう姿を示していきたいって思うし、自分がそんな大人として、人生の道しるべになってあげたい。

悔しい、苦しい、もがいてる子達の目標になりたい

シューカツ。その4

『就活生だから』を言い訳にしない。遊びも、就活も、学校も、よさこいも、やりたかったことも。ぜーーーーーんぶ本気でやる。

そう思ったのはなぜかと言うと、このまま言われるがまま為されるがまま就活やってたら死ぬなって思ったからですかね。楽しくなきゃ人生やっていられないよっと。

何事も真面目にやることはもちろんそうなんだけど、ばかなことをバカ真面目にやる大人ってかっこいいなと。

 

バカ真面目に出来ることってなんですかね、あーあ